製造ラインの管理やパーツの品質管理で利用される静電容量型変位センサとは?詳細をいろいろご紹介します!

静電容量型変位センサは、パーツの品質管理や製造ライン管理などに使われるセンサです。
被測定物に触れることなく変異を高精度に測定することが、可能な機器となっています。
触れることがないため、対象物に負担や損害などがかからずに測定することができるというメリットもあります。
ナノメートルレベルの変位・形状・厚みなどを測定できることから、機械類だけではなく半導体や光学機器など幅広い分野で利用することができます。

製造ラインの管理やパーツの品質管理で利用される静電容量型変位センサとは?詳細をいろいろご紹介します!

工場でパーツの品質管理や製造ライン管理に使われるのが、静電容量型変位センサになります。
被測定物に接触することなく、変位を高精度に測定できるようになっています。
触れることなく測定できるため、対象物に負担がかからないのも特徴です。
静電容量型変位センサは、ナノメートルレベルの変位を測定するだけではなく、形状や厚みなども測定することが可能です。
このような高い性能があることから、機械類だけではなく半導体や光学機器など幅広い分野で役立ちます。

静電容量型変位センサとはどのような測定器?

この世には様々な機械が存在していますが、おそらく工場に入ったことがない人が見たこともない機械を目にすることがあるかもしれません。
最近はセンサーで物事が反応しており、マンションの自動ドア等も全てセンサーによって作動していると考えて良いでしょう。
そのセンサーの1つに、静電容量型変位センサと呼ばれるものが存在しています。
静電容量型変位センサは一体どのような機械なのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。
結論から言えば、これは静電等を読み取りその商品の厚さを測定するものです。
厚みを測定しなければいけないものは、例えばフィルム等はフィルムを作成する工場では、一つ一つの厚みがバラバラでは商品として価値がありません。
かなりの数のエラーが出てしまうことが想定できます。
そこで、静電容量型変位センサを利用することで均一な状態を保つことができるわけです。
もし少しでも厚みが規格と違うものがあれば、はねられてしまうでしょう。

静電容量型変位センサの歴史について

静電容量型変位センサというものをご存じですか。
日本で誕生した工業用マシンで、おもに測量・金属の密度や外壁調査などで使用されている装置です。
この歴史をここで簡単に見ていくと、2000年初頭に誕生した新しいアイテムであることがわかります。
外壁調査を例にして静電容量型変位センサを見ていくと、以前は赤外線を用いた機械を使っていました。
この場合は外気温の影響を強く受けるため、調査がおこなえる期間が年間で限られていました。
静電容量型変位センサは赤外線ではなく微弱なX線を採用されているのがポイントで、外部の影響を一切受けることはありません。
歴史としては医療用のレントゲンと同じ仕組みなので長い間使われてきましたが、ハンディタイプの装置で持ち運びができるようになったのはまだ最近のことです。
静電容量型変位センサは色んなシーンで大活躍をしており、アイデア次第では活用できる場所を選ばない万能なものになっています。

静電容量型変位センサが得意とする測定

日本ではビジネスシーンで大活躍をしている補助マシンの生産が活発で、色んなメーカーから販売をされています。
そのなかには静電容量型変位センサというものも存在をしており、医療や生産工場で用いられているほどです。
簡単に静電容量型変位センサが得意としている測量について述べると、土地の高低差を計測するのに役立てられることが多いものとなっています。
どなたでも一度は街中で見かけたことがあるでしょう。
土木作業の際に三脚を設置してスコープをのぞかれている方がいますが、これは静電容量型変位センサを用いて測量をおこなっている方です。
静電容量型変位センサは微弱なX線を放射して、あらかじめ設置をしているマーカーに照射をして活用されます。
三角点と呼ばれるマーカーは最長500メートルまで離れていてもしっかりとキャッチをすることができるため、今ではセスナ機などの航空機のうえから地上に向けてセンサを活用して業務を実施されているほどです。

静電容量型変位センサが導入される業種

静電容量型変位センサは測定対象との間に発生する静電気の変化を確認することで変位を知ることができるものとなっており、正確な変位を測定することができるほか、様々な外乱の影響を受けにくいものであることが大きな特徴です。
その仕組みは静電気の変化を対象との面的な空間の中でとらえるものとなっているため、その他の直接対象に照射する場合に比べ正確な数値を得ることができるものとなっています。
静電容量型変位センサが利用される業種は実際には数多くのものがあり、様々な製品の製造所や安定的な平面を確保する必要がある現場などでよく用いられるものです。
特に比較的大きな面積の中でその全体の変位を管理することが必要な業種では、信号を照射するタイプの場合には数多くのセンサーを導入しなければならなくなり、その管理が非常に非効率となってしまうことが少なくありません。
静電容量型変位センサは面でこれを知ることができるのが特徴であることから、比較的広範囲の管理を行う場合に適しています。